dante35

Your awesome Tagline

431 リアクション

A子「ね、ね、デジカメ買ったんだけどプリンターと写真屋でプリントするのと、どちらが良いの?」
B夫「それは何を重視するかによって違うよ、手軽さ、価格、画質、耐久性」
A子「手軽さでは?」
B夫「写真屋、プリンターはヘッド詰まったりするし設定とかで手間だよ」
A子「価格では」
B夫「写真屋、プリンターはインク代で泣くことになるよ、それにプリンター代かかるしね」
A子「じゃ画質は?」
B夫「写真屋、プリンターの性能が家庭用プリンターとは段違い」
A子「それじゃ耐久性は」
B夫「写真屋、プリンターにもよるけど印画紙使ってるなら比較にならないね」
A子「だったらプリンターの優れてるところは何よ」
B夫「まぁ、人に見せられない画像をプリントする場合だな」

A子「プリンターにする」

やる夫でコピペ 39スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1262399950/ (via mcafee-x6)

(元記事: 46187 (gkojax-textから))

569 リアクション

明雄さんが亡くなった時「鉄腕DASHでの扱いがシンプルだった。みんなショックだったんだろうな…」と言った俺に「こんな数字取れるコンテンツ、24時間テレビで大々的に扱うに決まってるでしょ」と言った妻。残念ながら今日妻が正しいことがわかった

(via gearmann)

(dotnukeから)

64 リアクション

ふざけるな!日中歴史共同研究


先日、この研究会から報告書が出た。

いわゆる南京「虐殺」については、最初から「あった」と言う視点で話し合いをしている。虐殺の定義については触れていない。
南京では便衣兵(普通の市民の洋服を着て、日本兵を狙撃する)が横行。この行為は戦時国際法違反で射殺されても文句は言えない。
ところが、そんなところには触れないで、日本側は最大20万の虐殺があったと驚くべき主張をしている。

人口が20万の南京で、どうして20万全員を市街戦で殺すことが出来るか。日本軍占領後、南京の人口は30万に増えている。20万の人間を殺したのだから、死体の山で、その処理は追いつかないから死臭がただよっていただろう。そんな町に占領後、30万の中国人が移り住んで来るか。来るわけがない。
簡単な論理だ。
ところが、北京は30万殺されたと主張。20万しか住んでいないのに、何で30万殺せるのか。こうなるとバーチャルの世界。

この大いなる矛盾を「両論併記」にした。

戦争だから、戦争犯罪が絶対にないとは言えない。八路軍や国民軍も日本人を虐殺、強姦している。通州事件がそうだ。

※通州事件
「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の死体が横たわっていた。某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、強姦射刺殺され、陰部にほうきを押しこんである者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに堪えなかった。
 
 東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合わせて、それに八番線を通し、一家6名数珠つなぎにして引き回した形跡歴然たる死体が浮かんでおり、池の水は真っ赤になっていた。夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と叫んで各戸ごとに調査すると、鼻に牛のごとく針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこのちり箱の中やら塀の陰から出てきた」

この研究会に参加した学者?は、この事実をどう考えるか?不思議で仕方がない。

それでいて、「天安門事件」は「中国の強い要請」で触れていない。ばからしいにも程がある。
北京政府は、文化大革命で何人の同胞を粛清したか。葉剣英が言っているが、400万人だ。当人が言うのだから、実際はその二倍か三倍粛清しているだろう。更にチベット侵略では200万人。
そして、「今、現在」も「反革命」と言う冤罪で、地獄のような牢獄に多くの人がつながれ、拷問を受けている。

※チベット侵略の実態
「妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。特に尊敬されている僧たちは狙いうちにされ、尼僧と性交を強いられたりもした。ある僧院は馬小屋にされ、僧たちはそこに連行されてきた売春婦との性交を強いられた。拒否した僧のあるものは腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。大勢のチベット人は、手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺されていった。アムドでは高僧たちが散々殴打されて穴に放り込まれ、村人はそのうえに小便をかけるように命じられた。さらに高僧たちは「霊力で穴から飛び上がって見せろ」と中共兵に嘲られ、挙句に全員射殺された。おびえる子供たちの目の前で両親は頭をぶち抜かれ、大勢の少年少女が家から追われて中共の学校や孤児院に強制収容されていった。
 貴重な仏像は冒涜され、その場で叩き壊されたり、中国本土へ持ち去られていったりした。経典類はトイレットペーパーにされた。僧院は馬や豚小屋にされるか、リタン僧院のように跡形もなく破壊されてしまった。リタン省長は村人の見守る中で拷問され、射殺された。何千人もの村民は強制労働に駆り出されそのまま行方不明になっていった。僧院長たちは自分の糞便をむりやり食わされ、「仏陀はどうしたんだ?」と中共兵に嘲られた」

大体、「歴史の共有など」出来るわけがない。北京の「共有」とは、北京に都合のいいような「共有」である。

ところが、日本政府は、何しろ「愛を24回も演説に入れる」総理だし、「相手の嫌がることは言わない」と言う、『完全に外交を理解していない』外務大臣がいる国だから、アメリカなら怒って席を立つ、くだらない論議に真剣に税金を使って参加し、自国の歴史に汚泥を塗っている。

「真の友好は、歴史の真実を見つめ・・」とか、少女のような反論が帰ってきそうだが、じゃあ、アメリカ、イギリス、オランダ、スペインなどは、旧植民地と「歴史の真実の解明」とやらをやっているか。
「反省」をしているか?していない。国際社会の常識だからだ。
ましてや、バーチャルのような、非現実的歴史観の議論など最初から相手にしない。だから、北京にアヘンを持ち込み「侵略」した、イギリスには北京は一言も文句を言っていない。
アヘンを持ち込んだのは事実だが、南京は大虐殺などあり得ない。仮に少数あったとしても、南京を放棄して逃走した国民軍司令官に責任はある。
「反省」しているのは、自虐史観のマゾと日光サル軍団くらいだ。

アメリカ占領軍に植えつけられた「自虐史観」そろそろ止めるべきだ。日本は主権国家だ。国会議員の皆さん!その意味、知っていますか?
アメリカが日本に求めているのは、パートナーとしての役割だ。その責任を果たして、日米地位協定などと言う、占領政策の遺物を改定することを主権国家として「対等」に議論すべきだ。

外国人は自己主張がハッキリしている。日本的あいまいさ。わかりやすく言えば、今の総理のような人間は侮蔑の対象でしかない。自国を卑下することを税金でやっている、世界で唯一、自国を独立国・主権国家とは認めていない。

その位のこと、国会議員なら分からなければならない。何のために国際交流をしているのか。だから、昔、ビゴーと言う漫画家にバカにされた風刺画を書かれた。ビゴー知らない!明治時代に活躍?した人物。

まあ、そろそろ、まともな人間で、まともな政党をつくり、外国ではあたり前の政治、外交、教育をしようじゃあありませんか!

2010年2月2日(火) No.481

■今日の”つっちー”■ (via peckori) (via etecoo) (via itokonnyaku) (via windsock) (via nandato) (via ittm) (via fakeworld) (via brn303) (via gkojax-text)